月別アーカイブ: 2014年8月

妊婦の一日

 私は妊娠をし、この4月から専業主婦となりました。
 朝は旦那さんのお弁当を作って旦那さんを送り出します。そのあと、肌のお手入れや化粧をするなら化粧をして家でだらだら過ごす事がないようにいつ誰が来ても大丈夫なように自分の支度を整えます。朝ご飯を食べ、洗濯物を干します。天気が良ければ部屋の掃除を始めます。また、妊婦なので、ウォーキングを1時間程する日もあります。

掃除はやりだすと、いろいろ気になってきていつも結構時間がかかってしまいます。気分が良い時は布団を洗濯したり干したりして、一通りの掃除が終わればだいたいお昼頃です。お昼ご飯を食べて少しテレビを見たりお茶を飲んだりして休憩します。

それから、パソコンで調べものをしたり、本を読んだりしているとあっという間に夕方です。夕方になったら、重い腰をあげ、夕飯の支度をして、お風呂に入ります。そして、夕食を食べている頃に旦那さんが帰ってきて、一緒にご飯を食べて就寝といった場合が多いです。

 一人で過ごす時間が多いので、だらだらしがちですが、できるだけ、決まった時間にご飯を食べる事や夜型にならないよう身体を動かして夜はしっかり寝れるように気をつけています。

主婦である私の一日

私は、夫と小学6年・4年・2年の子供を持つ専業主婦です。
独身時代によく思っていたのが、「主婦って楽だよなぁ」ということ。

しかし実際自分が主婦という立場に立ってみると、意外や意外、主婦も楽じゃないんだなぁと
思い知らされました。
まず朝起きたあとは、朝ごはんの準備。

準備が整い、家族が食べ始めると、洗濯機のスイッチをオン。
家族が食べ終わると、子供たちの学校へ行く準備の手伝い。
主に忘れ物が無いかのチェックです。

家族を送り出したと同時にだいたい洗濯機の終了音が鳴り、干しにかかります。
その後は掃除機をかけるために、床に落ちているものをとりあえず拾い、
脱ぎ散らかされた衣類なども片づけます。
そして掃除機をかけます。
その後は水周りの掃除、そして夕飯のメニューを決め買い物に行きます。
何だかんだしているうちに子供たちあっという間に帰宅です。
おやつの準備をし、学校から持ち帰ったプリントのチェックはかかせません。

我が家は3人いるので、一人一人のチェックが本当に大変です。
そして夕方になると夕飯の準備をぼちぼち始めます。
夫は帰りが遅いので、子供たちと食事は別々。

2度も用意しなくてはいけないのが面倒くさいですが・・・。
食事が終わると後片付け。
そして子供たちが寝るために部屋へ行くと、自分の時間です。

テレビを見たり、ネットをしたり。
主にそんな感じの一日です。

専業主婦になったら家事が大変になりました

以前は共働きで、時間が無い事を言い訳に結構家事は手を抜いてやっていましたが、専業主婦になった今では時間があるはずなのに足りないと言う、家事に追われる生活になってしまいました。

朝は5時起きでお弁当作りと朝食の準備をします。家族の好みが分かれるので、ご飯とパンのメニューを二つ作らなければならず面倒です。

家族に朝食を食べさせ送り出す間にも、私は洗濯物を干したり庭に植えてあるお花に水をやったりと、自分は朝食もそこそこに次は掃除を始めます。

別に働きに出る訳ではないので、そんなにバタバタしなくてもよさそうなものですが、私の場合要領が悪いので何かトラブルがあった時には家事で午前中すべて潰れてしまうこともあるんです。

それに午後からは好きなテレビ番組も見たいから、できるだけ早く家事を終わらせる必要があるので必死になります。

でも、家事を終わらせ昼ご飯を食べるとどうしても瞼が重くなり、横になったら寝てしまい気が付いたら5時近くになっていたと言う事もざらです。

それから慌てて洗濯物を畳み、夕食の支度をするわけですがこれも手順が悪いのか人の倍は時間が掛かり、家族が帰宅しても夕食が出来上がらないと言う事が多いです。

とにかく家事に時間を取られ大変は大変ですが、ご飯をちゃんと作るようになり病気がちだった家族が健康になったので、それなりに満足できる生活を送っています。

自分の時間を作るために

小学生の子どもがいるので、朝は夫と子どもの通勤、通学時間の1時間前に起床します。
夫のお弁当を作り、洗濯機をかけ、朝食のパンを食卓に並べます。夫は自分で起きてくるのですが、子どもは起こさないといけません。引きずるように食卓につかせ、食事となります。

そして会社と学校へ行く2人を玄関先まで見送ったあとは、自分の朝食です。食べ終わって片づけをして、洗濯ものを干してまずは朝の主婦仕事完了です。

PCで色んな物を見たり書いたりしてるうちに、近くに住む姑から電話がかかってきます。お昼のリクエストです。姑は介護が必要なので、お昼だけごはんの用意をしに行ってます。
リクエストの品をスーパー若しくはコンビニで買いこみ、姑の家に。ご飯の用意のついでに、色んな用事を言いつかり、それをすべて済ませて午後2時ごろ帰宅となります。

急いで掃除機をかけて洗濯物を取り込んでいると、子どもが学校から帰ってきてきます。子どもの留守番をさせて私はスーパーへ。
帰ってくると再び姑の家で夕食の準備。終わったら次は自宅の分の食事を作り、夫も帰ってきて3人でいただきます。

朝のメイクや夜のお風呂は、その日によって、朝夕の開いた時間にメイクをしたりお風呂に入ったりします。子どもの学校に行ってる時間は、なるべく自分の時間を作るように極力家事はしません。

あっという間に過ぎる一日

夏休みなどではない「普段」の一日を紹介します。

夫は、朝6時25分くらいに食事をとり、50分には出かけます。
なので、私は6時前あたりに目覚ましをかけ、6時からは動けるるようにしています。
子供は7時ごろ起きるので、7時15分から食事をとらせます。その用意の裏で、洗濯機を回したり、お弁当を作ります。ちょっとした子供の世話も含めると、あっという間に8時です。

小学生を送りだし、幼稚園児のバス送迎をし、一息ついたところで、ママ達と少しおしゃべり。これが無駄なようで重要。朝一に、ばっちりストレス解消してしまいます。

9時前に部屋に戻ると、家事。丁寧に掃除をする日と、そうでない日が交互。予定にあわせて。
10時半くらいに落ち着くと、ネットタイム。
仕事から趣味まで、大抵のことをネットですませるので、特に予定がない日は、PCの前にいる時間がほとんどです。

2時に子供が帰宅。そこからはバタバタ。荷物の片づけ、話し相手。そんなことをしているうちに、洗濯物を入れたり片づけたり、出かけたり。

6時になると食事の用意。でも、小学生に宿題をやらせたり、見てあげたりして、なかなか進まないものです。
7時半にやっと夕食。

夫が早ければ、お風呂や食後の相手はやってくれますが、遅い時は、私が担当なので、夕食の片づけなんて子供が寝た後です。

炊事ややり残した家事を終えると、もう10時です。
以前は、そこからが自分の時間でしたが、今は疲れてしまって、眠くなってしまうので、机でウトウトした後、結局12時過ぎに、入浴をして寝てしまいます。